2017年10月04日

あなたのこと

薄れる影の形は
知ってるような気がした
探しはしない
約束したから

言葉の小瓶の中は
あなたのことばかりだ
間違いじゃない
選んだことは
何一つ

風が昼と夜の狭間の道を行く
果てを思う

解ける手を繋いだ
「いつか」はもう遠くへ
探しはしない
約束したから

私にこれ以上の心は無意味なんだ
目を閉じた
目を閉じた
暗闇を歩くために

風が昼と夜の狭間の道を行く
攫ってくれないかな
この記憶一つくらい

もし今許されるなら
駆け出して
この喉が潰れるまで呼ぶだろう
その名前は美しい

風が昼と夜の狭間の道を行く
攫ってくれないかな
この記憶一つくらい
posted by b at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | words
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181181688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック