2007年06月06日

願い事

想いつづけた幾月か
ただ水のよう
流れ去り

後に残るは
髪の香よ

醒め切らぬ恋
切なるに

心届かぬ今ならば
言葉届かん
幾ばくか


一かけ呪文
ひたすらに


夢狭間
宵に奏でる
金色の
あの風の歌

わたしへの
応えなのかと
問うてさえ
返らぬ月よ


飛び立とう
この手の内に
まだ眠る
願い事ひとつ
posted by b at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | words
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4273776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック