2011年07月18日

埋み火

薄月の行方を
歌占で探す夜は
虚言となりし 契りを掲ぐ 徒に
「恋しや 君」

容易き心 終に在るなら
ほつれて 夢
恋ひ泣く 理

打ち時雨る涙の
埋み火がごとき刻

燃ゆることなく 消ゆることなき
妬し 彼の影
触れずとも熱し


見えし光 そが君なら
侘ぶれど 夢
この胸は幾たび

容易き心 終に在るなら
ほつれて 夢
恋ひ泣く 理
posted by b at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | words
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46827231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック