Nevermoreは更新を停止しました。
お知らせは今後bqスタヂオを御覧ください。
単発の楽曲掲載はあれば上げますが、ペースは非常に遅いと思われます。
2018/05/20 b

2007年06月06日

けっぺん

ゆびを かすめるもの
ひやり すきとおるもの
それは ぼくのけっぺん
むかし なくしたもの

くちぶえは はるかに
おもいでの おくに
ひびく ぼくのけっぺん
キミと なくしたもの

かこを めぐり おりてくる
たましいの つぶつぶは
つかめば きえる
かすかな ひかり
こわさぬように よりそって

そっと こころに てを かさねたら
ぴりり はじけ ねいろになる
きいて ぼくらの レクイエム
とけあう
おおぞらのなかに
posted by b at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | words

2007年05月26日

言ノ葉ナイフ

一人の朝に 後ろ髪の記憶が
裂けるようなイメージ
あなたは闇を知らしめる星

キエナイ キズ
キエナイ キス
許シテ 欲シイ ノニ
キエナイ アナタノ
言ノ葉ナイフ

深い海の底で 濁り続けてるの
光を当てないで 醜くきらめくから

「マリンスノーは綺麗じゃない」

あなたは闇を知らしめる星

キエナイ ヒト
キエナイ 日々
幻 ダケ ナノニ
キエナイ アナタハ
モウ ココニハ...

キエナイ キズ
キエナイ キス
許シテ 欲シイ ノニ
キエナイ アナタノ
言ノ葉ナイフ
posted by b at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | words

2006年12月24日

波音の隙間

夕闇の 深い 赤には
アナタの ニオイが 残るの

遠くなる 背中に 問う
「ネエ ホント?」

重ね 言の葉
そのしぐささえ
幻だとして
構わないの

途切れた 歌でも ずっと 抱いて いよう

アナタの
唇に
嘘の
花を

揺られ 言の葉
そのぬくもりも
幻だとして
構わないの

ワタシ
明日は
夢見る蝶のごとく
とけるの
青のなか
波音の隙間

かたく 両手で 包んだ心を
夕闇が 壊した

きっと アナタは
気づいてないけど
知り得た瞬間
消えてくのだろう

重ね 言の葉
そのしぐささえ
幻だとして
構わないの

ワタシ
明日は
夢見る蝶のごとく
とけるの
青のなか
波音の隙間
posted by b at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | words

2006年12月01日

風切り羽

君が音 あえしらふ

雲間に綴る花
届け 君が元

天離る


傾く
片思ひ
願はくは
引き違へ

目界
暗し
想い
せぐる

彼方が君 想えば
頬に涙川
過ぎし日の予言
違へることなかれ

やうやう
消えゆく
天籟
恋し 恋し

来経行き 遠退くも
枯れぬ 言の葉は
君が音への 応へ
止むれがたなし

雲間に綴る花
届け 君が元
時に問ふ 想影

アイタイ


____________

I answer your calling

I write my heart when moon is comming
Be transmitted to you

long distance
from you

becomeing
unreciprocated love
I hope
not true

Sight
is darkness
my heart
is painful

if I think of you
my ceek gets wet to the tear
long time ago, we promiced
please remember

Little by little
becomes unable to be audible
wind's noise say to me
"you love him, you love him"

I left from you
and I continue to write
I answer your calling
I can't stop it

I write my heart when moon is comming
Be transmitted to you
Will he have made vigorous?
I just say
"I miss you"
posted by b at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | words

かごめかごめ

あの子はひとり
ひーとりぼーっち

膝抱え
本棚の中

あの子はひとり
ひーとりぼーっち


かごめかごめ
かごのなかの
とりは
いつ
いつ
であう?


今も待ってる
何を?何を?


うしろのしょうめん
だ・あ・れ?
posted by b at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | words

祈る意味

問おう
祈る意味を
君の小さな瞳が
放った言葉を

ただわたしは ここにあり
止めどなく流れている
明日 その流れが終わっても
残るものはあるだろうか

何気ない暮らしの中に
隠された 棘すらも

問おう
祈る意味を
君の柔らかな髪が
風に揺れている

問おう
祈る意味を
それでも回る この空に
一かけの希望を探して


守りたいものが
あってよかった
posted by b at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | words

いきる

生きる

息る

活きる

意気る

行きる

粋る

逝きる



産まれてから死ぬまで。
わたしを運ぶもの。
posted by b at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | words

風紋

僕たちはいつでも
変わり続けている

昨日の足跡も
ふり返らずにいる

夢から覚めた後
歌い続けている

涙が流れても
まだそのままでいる

繰り返す時間の中に
君の姿はあったのかな
去っていく一つの想い
悔やまないよ

祈りは 響く
空より 高く
言葉に ならず
あふれるほど 強く

聞こえる 遠く
古ぼけた 約束
ねえ 今 呼ぶよ
君の名前 強く

走り抜けてく心に
恋いこがれた日々の 傷跡


僕たちはいつでも
変わり続けている

昨日の足跡も
ふり返らずにいる

暗闇の孤独を胸に映してはねる
記憶の波
消えないよ 瞬間を秘めて
どこまでも

いつかは 迷い
永久(とわ)に 近い
場面を 越えて
僕たちの 誓い

何より 青い
透明な 願い
真白い 地図に
まっすぐな 誓い

歩き疲れた小道に
天をさして笑う花が咲く


祈りは 響く
空より 高く
言葉に ならず
あふれるほど 強く

聞こえる 遠く
古ぼけた 約束
ねえ 今 呼ぶよ
君の名前 強く

変わらないものを探して
ずっと前を向いていられる
きっと
posted by b at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | words

春風の言葉

よおく見慣れた
灰色の景色を
今日も歩けば
春風ふわり

逆らえないのは
ふわつく心に
あなたの影が
映ったから と


「・・・・おかえり」


向かって右手
当然のように
差し出されてる
わたしの居場所

今日で4日
何処で何を
わたしがしてるか
あなたは訊かない


「ただいま」


笑えぬ頬を
触るのが癖
それはためらい
あなたは知ってる



「おひるご飯を・・・・」
「うん」
「・・・たべた?」
「まだ」


「・・・・じゃあ、たべよう」



あなたの言葉は
ゆっくり流れる
良く晴れた日の
春風のように

あなたのことを
わたしは知らない
何処から来たとか
何処へ行くとか


「あなたは食べたの?」
「・・・・うん?」
「おひる」
「・・・・うん」
「いつ?」
「・・・・・・・おとといは、たべたよ」
「そう」


生きていくのに
意味なんて無い
時間の重なり
唯の作用

それを感じる
心のホント
言葉なんかで
測れるはず 無い



「冷蔵庫に・・・・・・」
「うん」
「・・・シチューがあるよ」
「そう」
「・・・ぼくは・・・・・・・」
「うん」






「・・・・・・・・きみが、すきだよ」






「・・・そう」



春風ふわり
ふわふわふわり
緩い坂道
転がり落ちた
posted by b at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | words

E♭

ふり返りキミに想いをはせて
幼すぎたと
幼すぎたと

言葉にすれば悲しく響く
切なすぎたと
切なすぎたと

Eフラットのキーをたどり
眠りにつくころ
その苦しみが少しは
晴れていますように

ごらん 遠くまで
手をのばそうとした
日々が 明日まで
届きそうな気がする

キミのとこまで
かけだした記憶は
永久(とわ)にたゆたう
やさしい旋律


壊れかけたピアノの音
小指でなぞった
大切を胸に抱き
消えてしまわぬように

ごらん 見上げれば
焼き付いた幻
今 風にのり
雲にふるえてる

キミと歩いた日
戻らない言葉を
空に飛ばそう
涙とともに
posted by b at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | words

beast

深い闇の中
さまよえる心
いつの日から
知っていたの

望み、失うの
この恋は麻薬
あの歌まで
消してしまおうか


息づく
悲しみとともに
墜ちてゆけ


ゆらぐ 現実の狭間に
ひそんでる 意識は
一人
想いを秘めて

誰も届かない記憶の檻
つながれた このわたし
永久に
終わることのない痛みを

抱いて眠るわ
ただ静かに
もう何も 見えぬように


止めどなく流れる涙は
誰のためでもなく
遠く
ゆらめく影の

ひそやかな 安らぎの中に
かくされた伝言(メッセージ)
いつも
この両手をすり抜けていく

幻のような
香りを残して
あなたに あいたい


祈る言葉は夢に響くよ
どこまでも続いていく
はるか
彼方にあった

一かけの願いの鎖に
つながれた このわたし
悲しい
物語をただ紡ぐわ

あの日の場面
胸に刻んで
わたしは 生きてゆく
posted by b at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | words

ある日

そこに居る 君が笑った
僕は ただ 驚くのだ



午後 6時
僕は いつも通り 君に水をやる

君は 花

白い 花

君の多くを 僕は知らない
君は語る術を持たない


3ヶ月くらい前
ベランダのプランターから 芽を出した

雑草とは明らかに違う
透き通るような 緑
繊細で 力強い フォルム


何故 君が そこにいたのか 知らない

けど
摘み取るには 余りにも惜しい その姿に
心が動いたのは 確かな事実


僕は 君に関して 知る 努力をした


けれど

どうしても 君のことは わからなかった


どこから来て
何処に行くべきなのか

僕を

見てくれる 存在なのか


そして

君の名が 知りたかった


何故だろう
それが 一番 知りたかった

けれど

君は 語る術を持たない


君は 黙って水を飲み
君は 黙って天に手を広げ続ける


まるで
僕のことなど 景色と同じくらいのように



君はいつしか 緑を濃くし
緊張した つぼみを 一つ つけた


堅く 閉じた 緑


それはそれで 十分に気高く 綺麗だと 思った


そして 今朝
白い 花びらを 僕に見せた

いや
僕には見せて いないのだろう

ただ君は あるがまま なのだ

君は 白い 花 だから
白い 花を ためらいなく 開く


僕は その 白を
限りなく 美しく感じると 同時に

その 白に
限りない 寂しさを 覚えた


その 世界には 僕は いない

その 白に 僕の 理由など ない




昼を過ぎて 君はますます 白を広げる

誇るように ますます 白を広げる


太陽の光が すこし強い気がした
でも 君の白は 負けなかった

まるで 君自身が 太陽だった


僕は
その 白に
限りない 寂しさを 覚えた



日が傾き オレンジ色を含んでくると
君は 少し 白を曇らせた



そして



夕方 闇が 覆った 窓際



君は ふと こちらを見た



君は 語る術を持たない

けれど
きっと

僕を 見たんだろう


そして
わずかに 笑った


本当に わずかに










その後 まもなく 君は 白をすべて 落とした


初めから そんなもの 無かった ような 顔をして
すべて
落とした





午後 6時
僕は いつも通り 君に水をやる

君は 花

白い 花

君の多くを 僕は知らない
君は語る術を持たない



語る術は 持たないけれど



でも きっと
僕は 君の側にいることを 許されていたんだと 思う
posted by b at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | words

青空の歌

ねころんで天を見上げてると
はらり 空がはがれてくるよう
黒い瞳に 青の花模様
セツナイが少し 逃げてゆく

ただそうやってあなたのように
生きてゆけたらいいのにね、と
淡いため息 くるり 花模様
セツナイが少し 逃げてゆく


会いたい「願い事は今も同じ」
会いたい「願い事は今も同じ」
会いたい「口を閉ざせば あふれてくる」
会いたい「願い事は今も同じ」


ほら あの有刺鉄線すら 飛び越えられそうな気がしないかな?
描いたあなたの姿が
ふわり
僕の中から 逃げてゆく

会いたい「願い事は今も同じ」
会いたい「願い事は今も同じ」

会いたい「口を閉ざせば あふれてくる」
会いたい「願い事は今も同じ」
posted by b at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | words

あかいくつ

ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けばワンコもついてくる
ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けばニャンコもついてくる

これはねこれはね昨日にね
パパからもらった宝物
ピカピカ光るあかいくつ
風さんみてみて きれいでしょ?

ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けばコッコもついてくる
ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けばあの子もついてくる

これはねこれはね昨日にね
ピンクの箱に包まれて
わたしのところへやってきた
雲さんみてみて うらやましいでしょ?


あかいくつは ゆく
じゃり道 どろ道 アスファルト
あかいくつは ゆく
わたしの心のままに


ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けば太陽ついてくる
ふしぎなふしぎなあかいくつ
歩けばお月さんついてくる

これはねこれはね昨日から
わたしの一番のお気に入り
ピカピカ光るあかいくつ
星さんみてみて 素敵でしょ?

あかいくつは ゆく
公園 原っぱ トンネルの中
あかいくつは ゆく
わたしの心のままに


みんないっしょに帰ろう
そろそろごはんもできるころ
ママのごはんは世界一
ママのごはんは世界一
posted by b at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | words

藍約

遠(とお)に歩みし夕闇の
あの深き青 とびこして
いざゆかん 君が夢
この足は風を渡る
この手が開くは心の鍵
涙に沈みゆく君を
見つけて抱(いだ)く星海(せいかい)の使者となりて
走る夜霧を切り裂き進む
約束しよう 君が見た幻に
広がる空の下どこにいようとも
必ずそばにいると
posted by b at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | words